このエントリーをはてなブックマークに追加

慰安婦資料の「記憶遺産」登録申請を受けて(党声明)

本日は、6月2日に発表した党声明を紹介致します。

■慰安婦資料の「記憶遺産」登録申請を受けて(党声明)

http://info.hr-party.jp/press-release/2016/5615/

韓国や中国、日本などの8つの国・地域の民間団体が連携し、慰安婦問題の関連資料を国連教育科学文化機関(ユネスコ)の記憶遺産に登録申請しました。

しかし、わが党がかねて訴えているように、「慰安婦の強制連行」は、日本を貶める意図に基づく歴史の捏造にほかなりません。

申請の可否は、2017年10月頃までに決定するとみられていますが、昨秋の「南京大虐殺」資料の記憶遺産登録と同じ轍を踏まないよう、記憶遺産の審議・登録プロセスの透明化の実現など、日本政府には万全の対応を要請します。

登録阻止に向け、ユネスコへの分担金の減額・拠出停止はもとより、脱退も辞さない姿勢で臨むよう求めるものです。

ユネスコなどの国際機関や国際社会を舞台に、中韓が反日宣伝に努めていますが、自虐史観に基づく河野・村山両談話や安倍談話、さらには昨年末の慰安婦問題を巡る日韓合意など、日本政府の姿勢こそが、反日攻勢に正当性を与えていると断ぜざるを得ません。

正しい歴史認識に基づく日本の立場を鮮明にしない限り、わが国の名誉を回復することはできません。

自虐史観談話の白紙撤回はもちろん、日本の誇りを取り戻すべく、わが党は引き続き力を尽くす決意です。

平成28年6月2日
幸福実現党

webstaff

執筆者:webstaff

page top