このエントリーをはてなブックマークに追加

消費減税による景気回復、税収増、財政再建へ

◎このメールは、「選挙運動用電子メール」です。
◎電子メールの受信を希望しない方は、メールの最後に記載された登録解除フォームから、メール受信の解除設定をお願い致します。
◎なお、このメールは選挙中に転送すると公職選挙法違反となりますので転送はしないでください。
………………
【2014衆議院選挙】

5%への消費減税で、日本はもっと繁栄できる! 

比例は「幸福実現党」へ!

■消費減税による景気回復、税収増、財政再建へ

http://hrp-newsfile.jp/2014/1876/

文/幸福実現党・政務調査会 佐々木勝浩

◆選挙戦の中盤を迎えて

2014年衆議院選挙も中盤を迎え、各党の街角での演説も活発になってきました。

繰り返して言いますが、安倍政権の最大の失敗は、アベノミクスの3本の矢に入っていなかった消費増税を行ったことです。

皆様も実感しているように、4月に5%から8%に消費税率が上がってから国民の財布の紐は締まってきています。

私たち幸福実現党は、この消費税率を8%から5%に引き下げ、民間の消費を活性化させることで企業をも元気にし、日本の経済を浮上させる政策を掲げています。

◆国を破綻させる共産党の政策

ちなみに今回の選挙で得票数を伸ばすであろうと言われている共産党も消費税に反対しています。

共産党は、低所得者の生活を救うために消費税に反対しており、その代わり富裕層や大企業に大増税をかけ、低所得者へ再分配する政策です。

もし共産党の政策を実現した場合、日本の富裕層は、増税を逃れるために海外に財産を逃がすことを考え始めます。

また経営者は大企業になれば、重い税金を取られますから、大企業にしないように、儲からないようにする心理が働き始めます。

たとえ経営者が会社を大きくしても税金対策を考えますから、これでは国の税収も増えません。よって共産党が必要な弱い立場の人を助けるための国の財源も増えないのです。

つまり、共産党の消費税反対の立場は、一見、庶民の味方のように見えますが、その分を富裕層や大企業に大増税を掛ける政策ですから、それによって日本の経済は疲弊していくことになります。

大企業が生まれなければ、大きな雇用も生まれません。弱者救済を謳いながら、結局は弱者を助けるどころか、雇用を生み出す大企業が潰れ、さらに救うべき低所得者層が増えていきます。

低所得者である「もらう側」の国民をたくさん生み出しながら、「与える側」の企業に大増税を掛けて苦しめていきます。そうなれば与えるための「富」は、いったい誰が生み出すのでしょうか?

最終的には「もらう側」の弱者が増えれば、いつか国は破綻してしまいます。与える側の企業をこそ元気にすべきなのです。それによって雇用も生まれ低所得者も救われるのです。

◆企業の使命と国の使命

企業は、社会に貢献する価値や富を生み出しています。その富を生み出す企業家が元気に活躍できる環境をつくることこそが政治家の使命です。

それが国を発展させ、企業を活かし国民を豊かにしていくのです。

幸福実現党の政策は、消費減税で、先に民間企業を活性化していきます。それが雇用を生み出し、企業で働く国民の給料を上げ、消費を喚起します。それによってさらに企業が儲かるのです。

このサイクルが回りだせば、結果的に国の税収も上がり、消費税をアップしなくても財政再建もできるのです。

◆安くてシンプルな税制を

2001年、安くてシンプルな税制、所得税率を一律にした「フラット税」を導入したロシアは、一律13パーセントを導入した結果、税収が大幅に増えました。

節税対策の経費より税金を払った方が安いとなれば、税金を払うようになるので、国の税収も自然に増えていくのです。

この「フラットタックス」は、ロシアの成功以降、香港、シンガポール、ウクライナ、ルーマニアなど、世界各国で導入が始まっています。

日本も「フラット税」の導入を検討し、消費税もまずは5パーセントに減税すべきです。そうすれば消費も増え企業も元気になり雇用も増え、さらに国の税収も増えます。

それによって必ず日本の経済は復活し、消費税の税率を上げなくても財政は再建できるのです。
………………
◎本メールは、幸福実現党が発行する「選挙運動用メール」です。
◎本メルマガは、選挙期間中に限り、「選挙運動用電子メール」と記入された場合には、転送・転載いただくことはできませんのでご注意下さい。
◎幸福実現党主要政策紹介ページ:http://special.hr-party.jp/policy2014/
◎消費減税ページ:http://special.hr-party.jp/policy2014/economy/
◎候補予定者紹介ページ:http://candidates.hr-party.jp/47th-mhr/
◎「選挙運動用電子メール」の受信をご希望でない場合や、登録内容の編集・解除は下記より行ってください。⇒http://hrp-m.jp/bm/p/f/tf.php?id=mail

佐々木 勝浩

執筆者:佐々木 勝浩

幸福実現党広報スタッフ 課長代理

page top